×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

リードがなぜ散歩に必要なのか?

「うちの犬はおとなしい利口やから、リードなんかいらんねん!!」そういうオーナーの皆さんももしかしたら数多く存在するかもしれない。しかし、犬には本能行動というものが存在する。普段はおとなしい性格の犬でも本能行動には逆らえない。犬が本能の赴くままに行動するとどうなってしまうのか?もしかしたら、他のオーナーさんが飼われている動物たちを傷つけるかもしれない。もしかしたら、人を傷つけるかもしれない。そうなれば最悪の場合、市や県によって屠殺されかねない。そのような時のためにも、リードは大切なのである。

スポンサードリンク

ファッションとしてのリード

現在では、リードは犬の散歩をする時に犬のファッションの一部にもなっている。犬自身は全くそんなことに興味を持っていないのであろうが・・・まぁ、暑苦しいのに犬に可愛くもない服を着せたがる飼い主もたくさん存在するわけでそのような人種の方たちにはリードもファッションの一部なのだろう(たぶん)まぁ、たとえ飼い主がこの色がいいとかあの色がいいとかいうファッション的な考えからきていたとしてもリードをつけないで散歩を行う行為よりはましであると思われるので、やはりリードの使用は推奨しておきたいと思う。

リードをつけるための道具

リードつけるための道具にもいくつかの種類がある。 最も一般的な首輪。しつけや矯正のために首にショックを与えることができる首輪であるチョーク。ハーネスすなわち胴輪の3種類がある。チョークは見た目と違って犬にとって、そんなに痛みはないといわれることもあるが、犬は痛みを表に出さない場合もあるため一概にはどうとは言えない。事実、チョークの誤った使い方によって犬の体への事故や障害が起こることがある。どうしても、チョークを利用したいのならばできるだけ幅の広いソフトなものがいいだろう。それに比べてハーネスはいいですね。犬が散歩の途中でどうしてもいうことを聞かない時や車などが通る時に咄嗟に犬を引っ張る時などに、首輪ではどうしても首を絞めつけてしまい、犬がつらい思いをすることもあると思うので、そういう点で力が一点に集中しないのはいいんじゃないかと思います。

リード